業界紹介

「工作機械」業界の仕事

工作機械とは

工作機械は、機械をつくる機械=マザーマシン。通常の機械・工具が、製品や生産ラインの変更により入れ替えられるのに対し、新しい機械を次々と生み出していくマザーマシンは、長く使われ、それだけに高い精度も、耐久性も、メンテナンスも求められる。どんな分野の機械でも生み出すことができるから、家電からIT、自動車、航空機、宇宙産業だけでなく家具やインテリア、ファッション関係などの分野でも大活躍しています。

工作機械とは、コンピュータで精密な制御ができるNC(数値制御装置付)旋盤や、切削など複数の加工作業を1台でこなすマシニングセンタなど、“機械をつくる機械”。「マザーマシン」とも呼ばれ、日本企業各社が世界をリードしています。
自動車や航空業界などの業界動向に左右される部分もありますが、日本のモノづくりにはさまざまな分野があり、層も厚いので、それぞれに対応した、専門性の高い工作機械を扱っている会社は景気の変動に左右されにくいですね。

OMDC各社の工作機械卸業の仕事

基本は、機械工具卸と同様、全国各地に点在する工作機械メーカーと、最終製品をつくるメーカーや工場を結びつけるのが仕事。違う部分は、より専門性が高く、それぞれの得意分野がはっきりしていることです。精密機械で有名な海外の工作機械を扱う会社も多いですね。

だから、卸といっても、自社の得意分野では、お客様である工場のエンジニアよりも深い知識が必要。OMDCにも、“エンジニアリング”と、“コンサルティング”あるいは“問題解決”のノウハウを併せ持った会社がたくさんあり、システム全体の提案を行う場合もある。
また、長く使われるものだけに、中古市場も大きく、また専門的で、面白い分野。
この分野では、機械を見、適正な値段を自らの責任で付ける“目利き”の要素が求められます。

こんなあなたに!

文系でも十分やっていけますが、専門性の高い機械が多く、お客様とエンジニアリングの話をする場面もあるので、理系で人とのコミュニケーションに興味があるが、営業は「…」「?」と思っているあなたにはもってこい「!」の仕事かも。じっくり物事に取り組みたい人などに向いていると思います。