業界紹介

「機械工具卸」業界の仕事

機械工具とは

半導体や液晶、航空機や宇宙産業。電気・水道・ガスなどのライフラインや空調工事。さらには、自動車修理や建築内装関係まで。日本の“ものづくり”のすべてに必要とされるマシン&ツール。あなたの使っている製品の、その向こうで、いつも活躍している、なくてはならない機械・道具・部品です。

OMDCでいう機械工具とは、切削工具、作業工具、測定工具、油・空圧機器、伝導機器等のことを言います。日本の機械や、機械工具メーカーの製造技術は世界的にもトップクラスの技術力を持ち、国際競争力をもっています。
メーカーは全国各地に広がっていますが、それを使用して最終製品をつくるメーカーや工場が東大阪に集中しているので、OMDCには日本全国から機械・機械工具が集まり、日本でも有数のマシン&ツールの集積センターとして知られています。

OMDC各社の機械工具卸業の仕事

機械工具卸の仕事は、全国各地に点在している、それぞれの特長をもった機械メーカーや機械工具メーカーと、最終製品をつくるメーカーや工場を結びつけること。いわば、「現場」の効率や質向上のために不可欠なコンサルタント、アドバイザーなのです。
最終製品をつくるお客様であるメーカーから、ニーズや条件を聞き出し、必要な製品を探すので、いわばマシン&ツールの“コンシェルジェ”、日本語でいえば“目利き”の能力が必要です。
またOMDCには、大手の機械総合商社では対応できない専門性のある機械工具を扱っている会社が多くあります。
また、使われなくなった機械を仕入れ、自分で調整し、値付けをして販売する“中古機械”を扱う会社もあり、中小規模の工場や海外メーカーからの引き合いも多く、その道のプロには知られた存在です。

こんなあなたに!

お客様が求めているものや課題を探り出す専門知識とセンス、そして機械を触ることが好きな現場感覚が求められる仕事。
鉄のかたまりである機械の中にキャラクタを見いだし、その魅力を伝えたい熱いハートと、提案力、仮説思考力など攻めの知性・行動力をもった人は適職といえるのでは。